Raspberry PiをNFSルートファイルシステムで使う

Raspberry PiはSDカードに置かれたファイルシステムを使用して稼働するが、SDカードはアクセスが遅い上に、書き換えを繰り返すと壊れてしまう。ルートファイルシステムとして別のLinuxマシンなどからNFSでエクスポートしたファイルシステムを使用すると、SDカードの寿命を気にすることなく、かつキビキビと動作させることができる。